KPMGジャパン

あずさ監査法人 横浜事務所 マネジメントセミナー

個人データ保護法令の要求事項の強化にIT部門はどのように対応すべきか

2017年5月に改正個人情報保護法が施行されるとともに、2018年5月にはEUにおいて一般データ保護規制(General Data Protection Regulation:GDPR)が施行予定となっています。これら個人データ保護法令は、海外への個人データ移転に必要な保護措置や、違反時の罰則金の大きさが注目され、対応の必要性は認識しているものの、具体的にどのように対応すればよいか分からないという声が聞かれます。とりわけ、個人データが保管された情報システムを主管しているIT部門は、法令には具体的なITの要求事項が記載されておらず、どのようなセキュリティ対策をどこまで実施すればよいかの判断に、苦慮されている状況です。

本セミナーにおいては、8月に「個人情報保護規制の最新動向および企業に求められる対応」と称し、改正個人情報保護法やGDPRの内容について取り上げましたが、今回はネットワーク、サーバ、端末といったIT機器において、世の中に存在する様々なセキュリティ対策の中から、それらの規制に対応するための個人データ保護に特に効果の高いセキュリティ対策を考察するとともに、そのセキュリティ対策を法令の要求事項とどのように整合性を取って導入すべきかを解説します。更に、各国の個人データ保護法令の要求事項と、それらに対する自社の各部門・各拠点の遵守状況を一元的に管理することにより、利便性を高めるITツールをご紹介します。

開催概要

主催 有限責任 あずさ監査法人
共催
協賛
日時 2017年11月30日(木)14:30~16:30 (14:00受付開始)  
会場
〒220-0004 神奈川県 横浜市西区北幸1-4-1
天理ビル18階
TEL:045-316-0761
プログラム

 

14:30-14:35  開会のご挨拶

あずさ監査法人 横浜事務所長 パートナー 園田 博之

 

14:35-16:20  個人データ保護法令の要求事項の強化にIT部門はどのように対応すべきか

KPMGコンサルティング株式会社 ディレクター 万仲 隆之

 

※途中に休憩をはさみます

 

16:20-16:30  質疑応答

 

内容および講師等は変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

自然災害等が発生した場合には、開催を延期または中止する場合がございます。

定員 50名
事前登録制。1社につき2名様程度のお申込みでお願いいたします。定員になり次第、締め切りとさせていただきますのであらかじめご了承ください。 
対象 IT部門ならびに情報セキュリティ部門、コンプライアンス部門および内部統制その他管理関連部門ご担当者様
※コンサルティングファーム、同業他社様のお申込みはご遠慮いただいております。 
受講料 無料 
備考  
申込方法 ID/パスワードを設定されている方は下記の「申込」ボタンよりお申込みください。

ID/パスワードを設定されていない方(会員登録がお済みでない方)は下記の会員登録についてをご参照の上、設定いただけますようお願いいたします。
会員登録について

開催日の1週間前頃に、受講票発行のご案内メールをお送りいたします。 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

  
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001の認証を取得している株式会社シャノンによるセミナー管理システム マーケティングプラットフォームで安全に管理されます。

お問い合わせ

有限責任 あずさ監査法人 マーケティング&コミュニケーション部
〒162-8551 東京都新宿区津久戸町1番2号
あずさセンタービル
TEL:03-3266-7556 
E-mail:seminar@jp.kpmg.com

【セミナー内容に関するお問合せ先】
あずさ監査法人 横浜事務所
TEL:045-316-0761

http://www.kpmg.com/jp/azsa