KPMGジャパン

IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」の概要と最新動向(東京、名古屋)

このたび、あずさ監査法人では、IFRS第15号「顧客との契約から生じる収益」に関するセミナーを開催する運びとなりました。

IFRS第15号は、すべての企業にとって非常に重要な、収益の認識に関する基準書であり、企業によっては適用により大きな影響が予想されます。2015年7月には一部内容を明確化する公開草案も公表され、また、基準の適用開始が2018年1月1日(早期適用も可)に延期されました。IFRSをすでに適用している企業、今後IFRSの適用を予定している企業のどちらにおいても、その内容を十分に理解し、早めに準備を開始しておくことが重要です。しかしながら、多くの企業は基準書の内容や最新の情報を確認するための時間を十分に取れないと考えられます。

そこで、本セミナーでは、2014年5月に公表されたIFRS第15号の概要について復習するとともに、実務上論点となりうるポイントについて詳しく解説し、基準書公表後、現在までの基準改定に関する動向やその背景について簡単にご説明いたします。また、企業が実際に適用を検討するにあたり、どのように対応されているか実例を交えてご紹介いたします。

ご多忙中のことと存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

主催 KPMG/あずさ監査法人
共催
協賛
日時 2015年9月14日(月)14:30~16:50 (14:00受付開始)  
会場

プログラム

 

14:3014:35  ご挨拶

 

14:3515:35  IFRS15号の概要と会計上の留意点

あずさ監査法人 アカウンティングアドバイザリーサービス事業部

パートナー 辻野 幸子

 

15:3515:50  休憩(15分)

 

15:5016:10  IFRS15号の改訂動向

あずさ監査法人 アカウンティングアドバイザリーサービス事業部

パートナー 辻野 幸子

 

16:1016:50  IFRS15号が実務に与える影響と対応

あずさ監査法人 アカウンティングアドバイザリーサービス事業部

パートナー 中田 宏高

 

※内容および講師等は変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

※事前災害等が発生した場合には、開催を延期または中止にする場合がございます。

 

 

定員 東  京 200名 / 名古屋 50名
※ 定員に達し次第、締め切りとさせていただきますので、あらかじめご了承ください。 
対象 経理財務部責任者様、IFRSプロジェクト実務担当者様
※コンサルティングファーム、同業他社様のお申込みはご遠慮いただいております。 
受講料 無料 
備考  
申込方法 ◆ID/パスワードを設定されている方は下記の「申込」ボタンよりお申込みください。

◆ID/パスワードを設定されていない方(会員登録がお済みでない方)は下記の会員登録についてをご参照の上、設定いただけますようお願いいたします。その後、あらためて下記の「申込」ボタンよりお申込みください。
会員登録について

開催日の1週間前頃に、受講票発行のご案内メールをお送りいたします。万が一、メールが届かない場合は、下記お問合せ先まで、その旨ご連絡くださいますようお願いいたします。

なお、お申込み後、ご都合によりキャンセルをされる場合は、マイページにて申込キャンセルの手続きをお願いいたします。 

  
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001の認証を取得している株式会社シャノンによるセミナー管理システム マーケティングプラットフォームで安全に管理されます。

お問い合わせ

有限責任 あずさ監査法人 マーケティング&コミュニケーション部
〒162-8551 東京都新宿区津久戸町1番2号 あずさセンタービル
TEL:03-3266-7556 
e-Mail:seminar@jp.kpmg.com
www.kpmg.com/jp/azsa

【プログラムに関するお問合せ】
東京 セミナー事務局 柳岡・石川 
TEL: 03-3548-5120
e-Mail: info-aas@jp.kpmg.com

名古屋 セミナー事務局 熊田・味知
TEL: 052-589-0505
e-Mail: nagoya-seminar@jp.kpmg.com