あずさ監査法人

NASDAQ&米国店頭市場セミナー

~スポンサー付きADRによる米国株式市場における成長セミナー~

近年、米国資本市場が堅調な回復を遂げている中、資金調達のみならず、ブランド力の強化やグローバル競争力の向上を図る上で、米国店頭市場(OTC)やNASDAQは日本企業のグローバル戦略の有力な選択肢です。米国株式市場で、ハイテク株の比率が高いナスダック総合株価指数が15年ぶりの高値圏で推移しています。その中で、非米国企業も、再び米国上場を目指す動向があり、ハイテク、ネットビジネス、ヘルスケア等の分野でその傾向が見られます。

NASDAQは、時価総額で世界第2位、売買回転率では世界トップを誇る市場であり、Apple、 Amazon.com、Google、Facebook などといったIT、テクノロジー企業が数多く上場しています。また中国の微博(ウェイボー) 、百度(バイドゥ)やイスラエルのプルリステム・セラピューティクス等も上場しており、日本企業としては2013年にUBICが上場しました。2014年度には非米国企業38社もNASDAQに上場しています。UBICは、スポンサー付米国預託証券(ADR)を利用してNASDAQに上場しましたが、一方でスポンサードADRで一度OTCに流通させ、米国市場での知名度や株式流動性を確保したうえでNASDAQ上場というステップを踏む方法も本セミナーで紹介します。

また、米国株式市場にはNASDAQ等に上場していない未上場企業のための、米国店頭市場(OTC)があります。OTCの日本株ADRは今年に入り高値を付け、日米株式相場がともに上昇し、売買も活発化しています。このような状況下で日本企業での外国人マネジメントが増加する中、SEC Rlue701を適用してSEC登録せずにスポンサードADRを利用した非国内居住者に、OTCでのストックオプション行使が現実する可能性もあります。これらを踏まえて本セミナーでは、2013年にNASDAQ上場されたUBIC, Inc. CEO 守本 正宏氏をはじめ、 NASDAQ 、OTC Markets Group 、JPモルガン証券、モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所およびKPMGの各専門家から、市場の最新動向と実務上の留意点について解説いたします。

ご多忙な折とは存じますが、万障お繰り合わせの上、ご出席賜りますよう、お願い申し上げます。

開催概要

主催 KPMGジャパン
NASDAQ
OTC Markets Group Inc
モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所
JP モルガン証券株式会社
共催
協賛
日時 2015年5月11日(月) 13:30~17:15 (13:00受付開始)  
会場
〒100-8172 東京都 千代田区大手町1丁目9番7号 大手町フィナンシャルシティ ノースタワー
TEL:03-3548-5140
プログラム

プログラム

13301335

開会のご挨拶

13351405

NASDAQ上場までの道のりと上場後の取組み

株式会社UBIC   代表取締役社長   守本 正宏  

14051420

本日のセミナー概要について

あずさ監査法人 アカウンティングアドバイザリーサービス パートナー  湯口

14201455

The Most Efficient and Cost-Effective Way to Reach U.S. Investors

OTC  Markets Group Inc. Managing Director  Jason Paitrowitz

14:5515:15

ADRの役割

JP モルガン証券株式会社 デポジタリーレシート部 エグゼクティブディレクター 

高橋 良広

15:1515:40

NASDAQ上場のメリット

NASDAQ  Senior Vice President of NASDAQ Listing  Robert McCooey

15401600 

休憩(20分)

16:0016:25

NASDAQ上場へ向けて-会計・開示の観点から-

あずさ監査法人 アカウンティングアドバイザリーサービス パートナー 荻野 毅

16:2516:55

OTC市場と米国上場市場:米国証券取引法に関する重要な検討事項

モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所 パートナー 細川 兼嗣

16:5517:10

Q&Aセッション

17:101715

閉会のご挨拶

 

講師紹介   

 

森本 正宏

株式会社UBIC

代表取締役社長

 

株式会社UBIC代表取締役社長。UBIC North America, Inc. 代表取締役会長兼CEO

防衛大学校卒業後、海上自衛隊護衛艦勤務。アプライドマテリアルズジャパン株式会社を経て2003年株式会社UBICを設立。グローバル企業の国際訴訟対策をハイテク技術で支援し、人工知能の研究成果を応用したPredictive Coding®(プレディクティブ・コーディング)技術の開発・実用化に成功。現在、その分野を医療やマーケティングなどに拡大。2007年東証マザーズへ上場、2013年には米国NASDAQへ上場し、短期間で日米双方のデュアルリスティングを果たした数少ない日本企業の経営者でもある。公認不正検査士(CFE)、NPO法人デジタル・フォレンジック研究会理事、警察政策学会会員。

 

 

 

 

Robert  McCooey

NASDAQ 

Senior Vice President of NASDAQ Listing

 

新規上場及びCapital Markets Group SVPとして、米国及び中南米、アジア・パシフィック地域の企業のNASDAQ上場誘致を推進、かつ、米国のプライベート・エクイティ、投資銀行、その他ウォール街における金融機関の事業目標、成長プランをサポートするCapital Market Groupの責任者も兼任。 

 

 

Jason Paltrowitz

OTC Markets Group Inc

Managing Director

 

OTC Markets Groupにおいてマネージング・ディレクターと業務開発担当グローバル責任者を歴任。国内外の、法人向けサービス、新規ビジネス及び関係管理に関する責任者である。201310月にOTC Marketsに入社する以前は、JP Morgan Chase においてマネージング・ディレクターとセグメント責任者を歴任しており、企業・投資銀行部門において保管、決済及び担保管理事業に関する責任者であった。 ボストン大学の国際関係論の学士号を持ち、レナード・N・スターン・スクールにて経営学修士号を取得した。   

 

 

 

高橋 良広

JP モルガン証券株式会社

デポジタリーレシート部

エグゼクティブ ディレクター

 

1984年上智大学大学院経済研究科博士課程前期修了。ニューヨーク銀行、JPモルガン銀行(東京、ブリュッセル、ロンドン)を経て、ドイチェ信託銀行公的資金運用サービス部長兼常務執行役員。2006JPモルガン証券デポジタリーレシート部、部長に就任し、現在に至る。

 

 

 

細川兼嗣

モリソン・フォースター外国法事務弁護士事務所

パートナー  

 

東京オフィスのコーポレート部門所属のパートナー。米国での証券の公募/株式上場、米国預託株式(ADS)プログラム、私募、政府債発行、民営化、公開会社/日公開会社のM&Aなど様々な取引において、日本や米国その他各国の企業を代理。近年では、発行体や引受会社の代理人として日本の不動産投資法人(J-REIT)によるグローバル・オファリング案件を多数手掛け、J-REITによる国内募集についても米国法に関する助言を数多く提供している。また、J-REIT、それらの資産運用会社および投資銀行に対し、J-REITに適用されるEUオルタナティブ投資ファンドマネジャー・ディレクティブ(Alternative Investment Fund Managers DirectiveAIFMD)や集団投資スキームに関するスイス連邦法(CISA)について数多くの助言を提供。米国における開示・報告義務およびコーポレートガバナンスの遵守についても助言を提供している。 

 

 

 

湯口 豊

有限責任 あずさ監査法人

アカウンティングアドバイザリーサービス

パートナー    

 

1990年旧朝日新和会計社入所(現あずさ監査法人)。入所後、会計監査や株式公開業務に携わりとともに、グループ再編業務支援、連結決算改善支援アドバイザリーを担当し、また、大手百貨店など複数の業種における財務デューデリジェンス業務を担当。パートナーとして運輸業、製造業、メディア、ソフトウェア上場会社等の監査責任者を務めている。20108月よりIFRS事業部に異動し、IFRS導入支援業務、経理業務改善支援サービス、決算期統一・早期化アドバイザリーに従事。

アジア上場アドバイザリー事業部パートナーとして、日系市場のアジア市場上場サポートやクロスボーダー上場支援をしている。

 

 

 

荻野 毅

有限責任 あずさ監査法人

アカウンティングアドバイザリーサービス

パートナー

 

1991年 旧センチュリー監査法人(現あずさ監査法人)入所。入所より国内SEC登録企業の会計監査を中心に従事するとともに、国内株式公開業務やNYSE上場業務にも関与。

20108月よりIFRS事業部(現AAS事業部)に異動し、主としてIFRS導入支援やUSGAAPコンバージョン等の会計アドバイザリー業務に従事。特に、商社・卸売業界を担当している。

 
定員 100名
※定員に達し次第、締め切りとさせていただきますので、あらかじめご了承ください。 
対象 一般事業会社の経営者ならびに経営企画、海外事業、財務・経理部門等の責任者様
※コンサルティングファーム、同業他社様などのお申込みはご遠慮いただいております。 
受講料 無料 
備考  
申込方法 ◆ID/パスワードを設定されている方は下記の「申込」ボタンよりお申込みください。

◆ID/パスワードを設定されていない方(会員登録がお済みでない方)は下記の会員登録についてをご参照の上、設定いただけますようお願いいたします。その後、あらためて下記の「申込」ボタンよりお申込みください。
会員登録について

開催日の1週間前頃に、受講票発行のご案内メールをお送りいたします。万が一、メールが届かない場合は、下記お問合せ先まで、その旨ご連絡くださいますようお願いいたします。

なお、お申込み後、ご都合によりキャンセルをされる場合は、マイページにて申込キャンセルの手続きをお願いいたします。 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

  
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001の認証を取得している株式会社シャノンによるセミナー管理システム マーケティングプラットフォームで安全に管理されます。

お問い合わせ

有限責任 あずさ監査法人 マーケティング&コミュニケーション部
〒162-8551 東京都新宿区津久戸町1番2号
あずさセンタービル
TEL:03-3266-7556 
e-Mail:seminar@jp.kpmg.com
http://www.kpmg.com/jp/azsa/

【プログラムに関するお問合せ】
有限責任 あずさ監査法人
アカウンティング・アドバイザリー・サービス事業部
担当:高柳、徳永
TEL:03-3548-5140
e-Mail:asialisting@jp.kpmg.com