あずさ監査法人

緊急セミナーシリーズ(全3回) コーポレートガバナンス・コードが拓くこれからの経営
第3回 投資家との高質な対話のための情報開示

既にご案内の通り、2014年6月に閣議決定された改訂版「日本再興戦略」において提唱された日本企業の『稼ぐ力を取り戻す』ことを狙いとするコーポレートガバナンス・コードは、金融庁及び東京証券取引所が事務局となる有識者会議の最終回(本年3月5日開催)で原案が確定しました。東京証券取引所においても所要の上場規則案がパブリックコメントに出され、6月1日から適用開始予定となっております。

これを受けて、私どもKPMGでは「コーポレートガバナンス・コードが拓くこれからの経営」と題して、全3回緊急セミナーを開催しております。今回の第3回セミナーでは、企業経営者の皆様にとって最重要テーマのひとつである「投資家との対話」に焦点を当て、持続的な成長と中長期的な企業価値向上に資するためには、どのような情報を開示すればよいのか、また、投資家とどのように対話すればよいのかを、皆様とともに考えていきたいと考えております。

本セミナーでは、金融庁 総務企画局 企業開示課長の油布志行氏から、企業の持続的な成長のための「適切な情報開示」及び「株主との対話」等の観点からコーポレートガバナンス・コードの背景や要点をご講演いただきます。また、東京証券取引所 常務取締役の静正樹氏より、同コードの策定に伴い取引所として整備された上場制度についてご講演いただきます。続いて、企業価値向上への取り組みとその成果に対して、平成25年度「東証企業価値向上表彰」で大賞を受賞された丸紅株式会社の取締役会長 朝田照男氏より、企業価値向上に向けての具体的な取り組みと情報発信、市場との対話などについてご紹介いただきます。

更に、「投資家との対話」優良会社事例として、三菱重工業株式会社 経営・財務企画部 IRグループ長 中村健一氏(「第17回 日経アニュアルリポートアウォード」グランプリ受賞)、株式会社ユナイテッドアローズ IR室 室長 丹智司氏(平成24年度「東証企業価値向上表彰」大賞受賞)より、それぞれの実践についてお話しいただきます。

時節柄、ご多用中とは存じますが、特に市場との対話に御腐心されている皆様の積極的なご参加を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

主催 KPMGジャパン
共催
協賛
日時 2015年 4月 7日(火) 13:30~17:30 (13:00受付開始)  
会場
〒105-0001 東京都 港区虎ノ門2-10-4
TEL:03-3582-0111
プログラム

 

プログラム

13:3013:35

開会のご挨拶

KPMGジャパンCEO ・有限責任 あずさ監査法人 理事長 内山 英世

13:3514:25

講演
日本のコーポレートガバナンス・コードの策定について

金融庁 総務企画局 企業開示課長 油布 志行

14:2515:10

講演
コーポレートガバナンス・コード策定に伴う上場制度の概要(仮題)

株式会社東京証券取引所 取締役 常務執行役員  静 正樹

15:1015:25

休憩(15分)

15:2516:15

講演
企業価値向上の歩みと市場との対話

丸紅株式会社 取締役会長 朝田 照男

16:1516:35

投資家との対話~イントロダクション

    有限責任 あずさ監査法人

 金融事業部 金融アドバイザリー部 IR/SRアドバイザリー担当  土屋 大輔

16:3517:25

投資家との対話~優良会社事例紹介

三菱重工業株式会社 経営・財務企画部 IRグループ長 中村 健一

                                         株式会社ユナイテッドアローズ  IR 室長 丹 智司

17:2517:30

閉会のご挨拶

有限責任 あずさ監査法人 専務理事 三浦

内容および講師等は変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。

自然災害等が発生した場合には、開催を延期または中止にする場合がございます。

 

講師紹介 

 

 

 

 

金融庁 総務企画局

 

企業開示課長

油布 志行  

 

 

略歴 東京大学卒業、コロンビア大学 MIA(国際関係論修士)。1989 大蔵省入省。2004年~2008 OECD(経済開発協力機構)に派遣され、国際公務員として勤務(プリンシプル・アドミニストレーター)。「OECDコーポレートガバナンス原則」を所管する部局において、アジア新興市場国等を対象に、ガバナンス改善に向けた啓発・支援プロジェクトを担当。 2012年 金融庁総合政策室長。内閣官房参事官(日本経済再生総合事務局)を兼任し、いわゆる「三本目の矢」(成長戦略)の策定作業に参画したほか、NISAの導入を担当。2013年~現在 金融庁企業開示課長。企業開示・会計制度等を担当しつつ、「日本版スチュワードシップ・コード」、「コーポレートガバナンス・コード」の策定にあたり、有識者会議の事務局を務める。

 

 

 

 

 

 

 

東京証券取引所 

取締役・常務執行役員 

静 正樹  

 

 

 略歴 1982年 早稲田大学法学部卒業。同年、東京証券取引所入所。1996年 上場部上場管理室課長、1999年 上場部課長、 2004年 財務部長、2005年 経営企画部長、 2007年 執行役員 ・株式会社東京証券取引所グループ執行役、2008年 株式会社東京証券取引所執行役員、 2011年 常務執行役員、 2013年 常務取締役、2014年 取締役常務執行役員に就任。 

 

 

 

 

 

丸紅株式会社

取締役会長

朝田 照男  

 

略歴 1972年 慶應義塾大学法学部卒業。同年、丸紅株式会社入社。その後、丸紅米国会社ロスアンゼルス支店、MARUBENI INTERNATIONAL FINANCE P.L.C. LONDON ソリューション事業部長、金融・物流部門長補佐( ) 部門CIO 金融保険事業部長、執行役員、財務部長、 IR 担当役員補佐などを経て、2004年 常務執行役員、財務部長、 IR 担当役員、2005年 代表取締役常務
執行役員、総務部 経理部 財務部担当役員、投融資委員会副委員長、“
V”PLAN 委員会委員長、IR担当役員、 2006 年 代表取締役専務執行役員、CIO 情報企画部 経理部財務部担当役員、情報産業部門管掌役員、投融資委員会副委員長、 IR担当役員、
2008 年 代表取締役社長、 2013年 代表取締役会長、2014 年 取締役会長。 2013年 チリ共和国ベナルド・オヒギンズ勲章受章。

   

 

 

 

 

三菱重工業株会社  

経営・財務企画部 IRグループ長 

中村 健一   氏 


 

 

 

略歴 1993 年慶應義塾大学法学部卒業。同年、三菱重工業に入社。

 

冷熱部門にて生産管理や資材調達、海外駐在(サウジアラビア)等を経験し、2004年本社広報部門へ異動。

2011年~広報部広報グループ長、2013年~広報部 IRグループ長を経て、2014年より現職。

 

 

 

 

 

 

株式会社ユナイテッドアローズ 

IR室長 

丹 智司  氏

 

 

略歴  1998 ㈱ユナイテッドアローズ入社。財務経理部門を経て2002年よりIR 部門へ異動、以降現在まで責任者としてIR業務に携わる。IR 関連業務の受賞履歴:2002 日本IR協議会 IR 優良企業奨励賞、2003年および2005 IR優良企業賞、2013 IR優良企業特別賞、2013 米国金融情報誌「Institutional Investor 」の「BEST IR PROFESSIONAL」および「BEST IR PROGRAM 日本小売部門 第1位、2014 IR 優良企業大賞。他に経済産業省 企業報告ラボ 委員を務める。

 

 

 

 

 

 

 

 有限責任 あずさ監査法人

金融事業部 金融アドバイザリー部 IR/SRアドバイザリー担当

土屋 大輔

 

 

略歴 1999 年に東海銀行(現三菱東京UFJ銀行)入行。2001年にアイ・アール ジャパンに入社。 2013年に同社取締役IRSR コンサルティング本部長に就任。時価総額大手の上場企業を主要なクライアントとしIR 株主総会に関するコンサルティング並びに助言業務を手掛ける。2015年よりあずさ監査法人にてIR SRアドバイザリーに従事   

 

 

 

 

 

 

 

 

 

定員  
対象 経営企画部門/IR部門/法務部門の方
※コンサルティングファーム、同業他社様などの方のお申込みはご遠慮ください。 
受講料 無料 
備考  
申込方法 ID/パスワードを設定されている方は下記の「申込」ボタンよりお申込みください。

ID/パスワードを設定されていない方(会員登録がお済みでない方)は下記の会員登録についてをご参照の上、設定いただけますようお願いいたします。
会員登録について

開催日の1週間前までに、受講票発行のご案内メールをお送りいたします。 

お申込受付期間が終了したため、
受付を締め切らせていただきました。

  
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001の認証を取得している株式会社シャノンによるセミナー管理システム マーケティングプラットフォームで安全に管理されます。

お問い合わせ

有限責任 あずさ監査法人 マーケティング&コミュニケーション部(担当:和出)
〒162-8551 新宿区津久戸町1番2号
あずさセンタービル
TEL:03-3266-7556 
e-Mail:seminar@jp.kpmg.com
http://www.kpmg.com/jp

【プログラムに関するお問合せ】
KPMGジャパン
コーポレトガバナンスセンターオブエクセレンス(あずさ監査法人内 担当:中田)
TEL:03-3266-7537
e-mail:corporate-governance@jp.kpmg.com