あずさ監査法人

KPMG IFRSフォーラム2014 ~IFRS導入の先にある未来

この度、KPMG/あずさ監査法人はIFRS財団の協賛のもと、「KPMG IFRSフォーラム2014~IFRS導入の先にある未来」と題したイベントを、本年9月3日(水)午後に開催いたします。

2012年12月の政権交代以来、我が国におけるIFRS適用に向けた動きが加速化しています。2013年には経団連や金融庁、自民党からIFRSに関する提言や方針が相次いで打ち出されています。IFRSを任意適用する企業は、業種の枠を超えて拡大してきており、改めてIFRSの導入を検討する企業が増加しています。

このような状況を受け、IFRSの最新動向やIFRS導入が企業の経営に与えるメリットについてご理解を深めていただくことを目的として本イベントを企画させていただきました。最大の特徴といたしまして、IFRSの設定主体である国際会計基準審議会(IASB)から、議長のハンス・フーガーホースト氏、理事の鶯地隆継氏をお招きし、IASB及びIFRSに関する最新動向や将来の展望についてご講演いただきます。さらに、先進企業をパネリストとしてお招きしたパネルディスカッションを通じてIFRS導入をいかにグローバル戦略に活かすかについて探ります。なお、当日午前中には、注目されているリース新会計基準案に焦点を当てたプレセッションも開催し、最新の開発状況について解説するとともに、日本企業にとっての論点や実務への影響についてご紹介いたします。

本フォーラムがIFRS導入検討の一助となりましたら幸いです。
時節柄、ご多用のこととは存じますが、皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

開催概要

主催 KPMG/あずさ監査法人
共催
協賛 IFRS財団
日時 2014年9月3日(水) プレセッション10:00~12:30(9:30受付開始) メインセッション14:00~18:00(13:30受付開始)  
会場

プログラム

10:00~12:30 プレセッション:リース 

         「見えてきたリース会計の徹底分析と実務上の論点」 

10:0010:05

開会挨拶

 

あずさ監査法人 パートナー IFRSアドバイザリー室長 藤井 亮司

10:0510:30

リース・プロジェクト再審議の現状

   最新の会計基準案再審議の状況及びその議論の背景について、寄せられたコメント等を織り交ぜながらお話しいただきます。

 

国際会計基準審議会(IASB) 理事 鶯地 隆継 氏  

国際会計基準審議会(IASB) テクニカルプリンシパル パトリーナ・ブキャナン 氏

10:3010:50

リース新会計基準案が日本企業に与える影響

    主要な提案が日本企業の決算に与える影響と、実務上の論点について解説いたします。

 

あずさ監査法人 パートナー IFRSアドバイザリー室 山邉 道明

10:5012:30

【パネル・ディスカッション】

リース新会計基準案 ~適用上の論点分析

    IFRSの設定主体であるIASBの主要メンバーと産業界の代表的なメンバーにご参加いただき、リース新会計基準案の実務適用上の重要論点について考察していきます。

 

 【パネリスト】 

国際会計基準審議会(IASB) 議長 ハンス・フーガーホースト 氏

  

国際会計基準審議会(IASB) 理事 鶯地 隆継 氏

  

国際会計基準審議会(IASB) テクニカルプリンシパル パトリーナ・ブキャナン 氏

  

株式会社セブン&アイ・ホールディングス
取締役執行役員 経理部シニアオフィサー 清水 明彦 氏

  

三菱地所株式会社 経理部長 四塚 雄太郎 氏

  

公益社団法人 リース事業協会 (オリックス株式会社 経理部副部長) 松本 昭 氏

 【モデレーター】

あずさ監査法人 パートナー (前国際会計基準委員会(IASB)理事) 山田 辰己

 

14:00~18:00 メインセッション 

          「IFRS導入の先にある未来」 

14:0014:10

開会挨拶

 

あずさ監査法人 理事長 内山 英世

14:1014:40

IASBの最新動向と将来像

   IASBの最新の動向と最近のIFRSの状況について解説いただくとともに、IASB議長として日本に対して寄せられている期待についてご講演いただきます。

 

国際会計基準審議会(IASB) 議長 ハンス・フーガーホースト 氏

14:4015:25

収益認識を中心としたIFRSの開発状況と企業経営への影響

   最新のIFRSの開発状況や本年5月に公表されたIFRS15号「顧客との契約から生じる収益」の基準設定の背景、決定に当たってなされた議論につきご紹介いただくとともに、IFRS適用が日本企業に何をもたらすのかについてご講演いただきます。

 

国際会計基準審議会(IASB) 理事 鶯地 隆継 氏

15:2515:40

リース新会計基準案の開発状況と今後の方向性

   リース新会計基準案の最新の開発状況と主要論点についてご紹介いただきます。

 

 国際会計基準審議会(IASB) テクニカルプリンシパル パトリーナ・ブキャナン 氏

15:4016:00

休憩  

16:0016:30

加速するIFRSの導入とどう向き合うか

   相次ぐ日本企業のIFRS任意適用の状況とその背景について考察いたします。また、豊富な IFRS導入アドバイザリーの経験を踏まえて、日本企業にとってのIFRS導入の課題と対応策、その狙いやメリットを解説いたします。

 

あずさ監査法人 パートナー

アカウンティングアドバイザリーサービス 日本及びアジア太平洋地域代表

宮原 正弘

16:3018:00

【パネル・ディスカッション】

グローバル経営を見据えたIFRS戦略

   IFRS導入にあたって直面する課題と対応策や、IFRS適用が経営にもたらすメリットとその活用の可能性について、先進企業のリーダーをお迎えし、お話しいただきます。

 

 【パネリスト】      

株式会社日立製作所 代表執行役 執行役副社長 中村 豊明 氏

  

旭硝子株式会社 取締役常務執行役員 藤野 隆 氏

  

あずさ監査法人 パートナー

アカウンティングアドバイザリーサービス 日本及びアジア太平洋地域代表
宮原 正弘

 【モデレーター】             

あずさ監査法人 パートナー 副理事長 天野 秀樹

※内容および講師等は変更される場合がございます。あらかじめご了承ください。
※自然災害等が発生した場合には開催を延期または中止する場合がございます。
  

 
定員 東京 600名 / 大阪 400名 / 名古屋 130名
※定員に達し次第、受付終了とさせていただきます。
同業他社の方のお申し込みはご遠慮ください。  
対象 上場企業の経理財務部門責任者様、IFRSプロジェクト責任者様 
受講料 無料 
備考 言語:英語および日本語 (日英同時通訳あり) 
申込方法 ◆ID/パスワードを設定されている方は下記の「申込」ボタンよりお申込みください。

◆ID/パスワードを設定されていない方(会員登録がお済みでない方)は下記の会員登録についてをご参照の上、設定いただけますようお願いいたします。その後、あらためて下記の「申込」ボタンよりお申込みください。
会員登録について

※プレセッションとメインセッションの両方に申し込まれる方は、セッション選択画面でそれぞれにチェックをしてください。
※お1人につきIDがひとつ必要です。ひとつのIDで複数名のお申し込みはできませんのでご注意ください。


開催日の1週間前頃に、受講票発行のご案内メールをお送りいたします。万が一、メールが届かない場合は、下記お問合せ先まで、その旨ご連絡くださいますようお願いいたします。
なお、お申込み後、ご都合によりキャンセルをされる場合は、マイページにて申込キャンセルの手続きをお願いいたします。 

  
ご登録される情報は、暗号化された通信(SSL)で保護され、プライバシーマークやISO27001の認証を取得している株式会社シャノンによるセミナー管理システム マーケティングプラットフォームで安全に管理されます。

お問い合わせ

有限責任 あずさ監査法人 マーケティング&コミュニケーション部
〒162-8551 東京都新宿区津久戸町1番2号 あずさセンタービル
TEL:03-3266-7556 
e-Mail:seminar@jp.kpmg.com